2007年12月27日

王理恵さんと本田医師、結婚延期の原因

200709_01c.jpg3回目となる結婚を1月下旬に予定していたソフトバンク王貞治監督の二女王理恵(37)さんと、精神科医の本田昌毅(37)が、結婚延期について情報番組の取材に応じた。

理恵さんから延期の意思を伝えられた時を振り返り
「ショックでした。今でも何でだろうと思っています」
と胸中を告白。
原因については
「習慣の違いとか…。“僕が直せるものは言って”と伝えてあります」
と語った。
25日に会見した理恵さんは
「婚約解消もある?」
という質問を否定しなかったが、本田医師は
「婚約したままの前向きな延期」
と強調。
s2007080716honda01.jpg
「彼女を愛しています。結婚するなら彼女しかいない。素晴らしい(女性)ですから」
と強い気持ちを明かした。

詳しくはこちら↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071227-00000047-spn-ent&kz=ent

本田医師が朝青龍の件で、マスコミなどに叩かれていた時、理恵さんは親身になって励まし
「私はあなたの味方だから…」
といってくれて、本田医師はとても感動したと、結婚延期騒動以前に話していました。

しかし、ハワイへの婚前旅行から帰ると一転。
「結婚を延期したい」
と、話す理恵さん。

やはり、ハワイの旅行中に「結婚したくない」と理恵さんを思わせる何かがあったのでしょうね。

また、こんな記事もありました。

会見直後、理恵さんが結婚に違和感を覚えた理由について、沖縄・那覇のクリニックで勤務中の
本田医師に聞いた。
本田医師は、思い悩むように2分21秒の沈黙が続いた後、こう切り出した。
「僕がいえることとしたら…。突然言われたんで僕も理解できてなくて…。いまだに理解 できないんですけども…」言葉を探るように話し始めた。

「ハワイもすごく仲良く過ごせたし…でも帰りの飛行機で突然言われたんで何でかなぁって いうのが正直な気持ち。会見も『結婚は延期します』って言う−としか言われてなかったから…。でも、(自分に)いろいろあったのはわかっていたわけで、付き合いが短い
ということがあったとはいえ、そんなことは分かってたことだし。短い期間で結婚を
決めたのもわかってたこと…」
理恵さんの豹変ぶりに困惑を隠せないと言いたげな様子だった。
離婚歴が2度ある理恵さんは会見で、こんなことも明かした。

「自分がいうのも恥ずかしいですが、そこまで相手の事をちゃんと見ていなかった。 食べる時どう選ぶか、とか小さいことの積み重ねです。長年一緒にいてわかっていれば、言い合いしながらも何をやっても大丈夫となるのでしょうが、交際期間があまりにも 短すぎてその土台がまだなかった」

確かに、食事の仕方が汚い人は、どんなにかっこよくても引きますよね…。



■ブログランキングの参加を始めました〜! 
  応援クリックをよろしくお願いします黒ハート










posted by cocoa at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/74908493
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。