2007年07月31日

血を凍る恐怖の動物園! 飼育員かみ殺し観光客追い回す

2007年7月30日午後、江蘇省新沂市内の人民公園動物園で、ライオンが飼育員1人をかみ殺す事故が起きた。
飼育員はエサを与えようとして檻の扉を開けたところ、ライオンが飛び出し、襲われて即死した。
ライオンは園内を暴走、観光客を追い回したため、園内は一時騒然となった。

通報を受けた地元の武装警官が直ちに動物園に到着、被害の拡大を防止するため射殺の態勢に入った。
2班に分かれて園内を捜索したところ、ライオンは檻に戻り、すでに死亡した飼育員にさらに食いついているところだった。
2班それぞれが別の角度から狙いを定め、見事撃ち殺した。

事故発生からおよそ20分で解決したが、夏休み中とあって、子ども連れの観光客にとっては血も凍るほど長い時間だったに違いない。

詳しくはこちら↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070731-00000005-rcdc-cn

最近何かと騒がれることが多い中国ですが、今回は笑えない事が起こってしまいましたね。

事故かもしれませんが、その後観光客を追い回すことからも分かるように、設備自体に問題があったのではないかなぁと思います。

檻の中に長時間閉じ込められていたとしても、やはり野生血は獲物を日々狙っていたのでしょうね。


けれど、この間TVでライオンが某芸能人にマッサージしてもらい気持ちよさそうに寝ている姿が放送されていました。

私が思うに、動物にも接する人や環境で変わってくるんじゃないかなぁと思うんです。

中国のライオンは、何かしら鬱憤が溜まっていたんじゃないかなぁと。

なにわともあれ、犠牲者が出たのは残念ですが、子供連れの観光客の被害が出なくて何よりでしたね。

■ブログランキングの参加を始めました〜! 
  応援よろしくお願いします黒ハート







【飛び出す!サファリ 】
posted by cocoa at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。